診療方針 / 諦めない「治しの医療」

診療方針

「なんとなく具合が悪い」「いつも身体がだるい」「頭が痛い」「疲れがとれない」……。
そんな「プチ不調」を訴える方が増えています。
なかには検査によって隠れた病気が発見されたり、疲労が誘因となるケースもありますが、最近急増しているのは、「心の不調」がもとで起こる「身体の不調」。
皆様はご存知ですか?心の病気のシグナルとして体に症状があらわれることを……。

松永ひろきクリニックでは、検査では異常が見つからず、はっきりした病名がわからないために解決法が見出せず、我慢を続けている患者様のお悩みときちんと向き合うことを心がけながら、日々、診療にあたっています。
辛いこと、悩んでおられることなど、なんでもお気軽にご相談ください。
経験豊かな医師と医療スタッフがお一人おひとりの心と身体の元気を取り戻すお手伝いをしてまいります。

心のお悩み

複雑で変化の激しい現代社会は、多くのストレスを生み出しています。仕事、人間関係、家庭……と、いくつものお悩みを抱えながら生活しておられる方も少なくありません。
ストレスは、社会や家庭で「頑張っている」ことの証。松永ひろきクリニックでは、患者様のお悩みを解消すべく、カウンセリングと必要に応じた薬物療法、各種代替療法などを行っています。以下のような方は、ぜひご相談ください。
仕事・家庭・学校・人間関係の悩みを抱えている方
うつ状態・持続的な気分の落ち込みを感じている方
疲れが取れない・いつもだるい・やる気が出ない方
寝つきが悪い・熟睡できない・夜中や早朝に目が覚める方
不安・イライラ・情緒不安定を感じる方
緊張・あがり症を自覚している方
パニック症状、ノイローゼ、自律神経失調症、不眠症ではないかとご心配な方
ガンなどの難病にかかり、どうしたらいいかわからない方

※その他、ご自分では対処できないお悩み・苦痛などのある方は、ご相談ください。

身体のお悩み

心と身体は密接に関係しあっています。たとえば、ストレスが誘因となって内科の病気が発症したり悪化している方、原因不明の体調不良や痛みが長期間続いている方など、心と身体の関係性に焦点をあてながら、総合的に治療を進めていかなければなりません。
以下のような病気・症状でお悩みの方はご相談ください。
検査で異常がないのに、動悸・息苦しさ・めまい・立ちくらみなどでお悩みの方
慢性的な頭痛・肩こり・腰痛などでお悩みの方
生活習慣病(糖尿病・高血圧・脂質代謝障害・痛風など)
悪性腫瘍(ガン)
原因不明の痛みなど

職場のメンタルヘルス

当院では、問診、血液検査、心理検査などを行い心身の健康状態を診断して職場での健全な就労をサポートしています。
対人関係のトラブルなども、心理カウンセリングによりストレスの解消やトラブルの改善を目指しています。
詳しいことは、当院までご相談下さい。

その他のお悩み

恥ずかしくてだれにも言えない、なかなか理解してもらえない悩みがあります。
たとえば「脱毛症」や「勃起不全症(ED)」などは、その代表的なものかもしれません。
病気ではないけれども性格や対人関係で悩んでいる方・自分と向き合い、理解を深めたい方・生き方に悩みのある方など、さまざまなお悩み症状・病気に、心のケアは欠かせません。
松永ひろきクリニックでは、十分に時間をかけたカウンセリングによって心のケアを行うと同時に、非常にデリケートになっている心と身体のバランスを整えたり、方法を共に考え、必要に応じた薬物療法や各種代替療法を組み込み、患者様のお悩み・症状を改善に導いてまいりたいと考えています。
自己流のケアや従来の治療では結果が出なかったという方も、お気軽にご相談ください。

諦めない「治しの医療」(難病対策)

A. 新しい医療(治す医療)

病気のない健康な心と体を保ち続けること(予防医学)と、病気を治すこと(治療医学)は同じことです。
従来の治療(主に西洋医学的治療)は、ほとんどが対症療法(症状や状態を改善すること)であり、根本療法(病気の本質を治す)ではありませんでした。
高血圧症も糖尿病もガンを含む難病であっても基本的には同じ考え方で診断し治療を行ってもよいと思います。健康な状態と病気を治すこと(根本治療)とは同じことです。
当クリニックでは、新しい医療(治す医療)を実践するために以下のことに着目して治療を行っています。

① 細胞の治療
遺伝子
ATPエネルギー
② 血管の治療
血管
リンパ
③ 間隙の治療
体内
体外

B. 新たなる『治し』への創造

「治らない」「治せない」医療から「治る」医療への転換
1. 生命本質回帰還元医療
① 分化した細胞を自然な環境の変化により、生命の本質へと回帰・還元化することで、幹細胞化させたり細胞の新生を活性化させる。
② 細胞の分離・融合・再生・再統合化させることで、組織の活性を促す。
③ 脂質代謝系の活性化を促し、②の循環を円滑化する。
④ 遺伝子情報及び電子伝達系の正常化・活性化により、②の循環を円滑化する。
2. ステルス・クラスター医療
① 病気の原因を的確に捉え、直接的に改善をめざす。
② 従来の西洋医療的な手段(外科的治療・化学合成薬物治療・粒子線治療など)を用いず、自然なエネルギーを用いて、疼痛や精神的苦痛などの侵襲を与えない自然な治療手段を駆使する。
③ 通常の日常生活の流れの中で治療が展開され、治りへと導く。
3. 根治治療
① 病気の原因追及ではなく、原因の解消をする。
② 病気の診断ではなく、治療の実践をする。
③ 病気の再発のない総合的な生活環境を確立する。
4. 具体的治療
① 光エネルギーの応用: Z-tera
② 鉱物エネルギーの応用: マグマ(太陽エネルギー)
③ 植物エネルギーの応用: 光合成(太陽エネルギー)
④ その他
5. 食養生
① 糖質制限(適糖)
② 脂質改善(オメガ3 不飽和脂肪酸)
③ ハーブ療法
④ 健康補助食品
⑤ 薬膳
⑥ その他

B. 新たなる『治り』への創造

1. 呼吸療法
2. 生きがいイメージ療法
3. 自然融合療法
4. 喜捨療法
5. 感応療法
6. その他